GREE Engineers’ Bash 2018 を10月5日(金)に開催しました!

こんにちは、開発企画部の佐島です。
GREE Engineers’ Bash 2018 という社内限定イベントが開催されましたので紹介させて頂きます。

GREE Engineers’ Bash 2018 とは

グリーグループ間の技術交流を目的としたイベントです。タイトルに Engineers とありますが、参加資格はグリーグループでエンジニアリングが好きなひと (雇用形態なんでも)ということでわりと懐の広いイベントとなりました。
LTを社内で公募し、よかった発表に参加者が投票して1-3位までを決めるというのがおおまかな流れです。

LTの模様

LTのテーマは特になく、最近つくってる、さわってる技術的な話とかを歓迎するという形で公募されました。
採択されたLTは全部で14。社内限定の発表につき内容についてこの場で触れることができませんのでタイトルと所属会社のみで内容を妄想していただければと思います。

Electronで簡単アプリ開発(小見 拓@グリー株式会社)

ぽけ☆らぼ(河西 健一 / 覚張 泰幸@株式会社ポケラボ)

ひたすら楽して新規事業(増住 啓吾@Glossom株式会社)

趣味グルメアプリ開発(松岡 紀行@グリー株式会社)

本当は怖いゲームのインフレ(長 和樹@グリー株式会社)

男性エンジニアが育休取ってみたので報告(M_Ishikawa@リミア株式会社)

VTuber 配信の技術(主に配信部分)(堀口 真司@グリー株式会社)

VTuberクライアントアプリ開発を支える技術(清 貴幸@株式会社Wright Flyer Live Entertainment)

う○こしたくて社内報に載った話(久山 貴大@グリー株式会社)

プロダクト移管業務について(中 貴弘@ファンプレックス株式会社)

ReactNativeに移行してみた(塩塚 純@株式会社3ミニッツ)

社外のサイトを手伝ってみた(田中 祥平@グリー株式会社)

怖くないインフラ(林 記代一@グリー株式会社)

VTuber特許戦争!!すばやく特許を出願する技術(白井 暁彦@グリー株式会社)

投票結果

投票はLT中いつでもできるようslackにて実施、全LT終了5分後のスナップショットで集計しました。
結果は以下の通りです。(と言っても内容がないので結果見てもって感じではありますが。)

3位 ぽけ☆らぼ

Pokelabo EN が大切にしていることを熱く叫ばれてました。(いろんな意味で)熱意が伝わっての得票かと思われます。

2位 男性エンジニアが育休取ってみたので報告

タイトル通り、育休の報告を詳細に(5分なのにスライド55枚)話されてました。家族への愛情が共感を得られての得票だったと思います。

1位 本当は怖いゲームのインフレ

内容は怖くて言えませんが、インフレしたパラメータと前向きに戦っている話でした。笑いと涙の両方が5分に凝縮され、2位以下をダブルスコアでぶっちぎる堂々の1位でした。

総括

最後はイベントオーナーであるCTOによる総括。14個全部見るのはしんどいねというコメントはあったものの、機会があればまたやるぞ!ということで、イベント名に2018がついている理由がここで明かされました。

最後に

ここ最近グループ企業が別のオフィスに移ったりと、なかなかグループ企業の垣根を超えてエンジニアが一同に集まる機会がなかったので、このイベントが集まれる場として継続的に開催できるよう頑張って行きたいですし、次回はもっと多くのグループ企業から発表が集まるように運営できたらなと思いました。

おまけ

締めの挨拶も終わったところで解散かと思いきや、来年の内定者が飛び込みLTをさせて欲しいと文字通り飛び込んできたので急遽実施することに。ウニの学名について熱弁を振るってました。

次回の登壇が楽しみです!


グリーではLTが大好きなエンジニアを募集しています!

Author: sashima