GREE Engineering

イベント

WFS Tech Talk #2 ーサーバ・バックエンド編ー

WFS Tech Talk #2 ーサーバ・バックエンド編ー

概要

昨今のモバイルゲーム市場において、それを支えるバックエンドシステムに求められる要件の高さや技術的難易度は高くなっています。
本イベントでは、グリーのゲーム開発スタジオであるWFS(Wright Flyer Studios)のゲームを支えるバックエンドシステムにフォーカスしたセッションを行います。

タイムテーブル

時間 内容 スピーカー
19:00 – 19:30 受付
19:30 – 19:42 WFSに於けるサーバ・バックエンド戦略の変遷とこれから 冨田 直哉
19:42 – 19:54 サーバ費用削減のはなし 吉田 貴勝
19:54 – 20:06 リリースを支える負荷測定 藤田 貴大
20:06 – 20:18 AIやマイクロサービスを活用したDynamoDB節約術 橋本 順之
20:18 – 20:30 WFSにおける認証・課金の共通基盤 遠藤 辰弥
20:35 – 21:30 懇親会

セッション

WFSに於けるサーバ・バックエンド戦略の変遷とこれから

▼WFSサーバ・バックエンド戦略のこれから

・WFSについて
・WFSの歩み
・海外展開、エンジン戦略、クラウドネイティブ
・WFSのこれから

冨田 直哉(Naoya Tomita)

グリー株式会社 Wright Flyer Studios事業本部 第2スタジオ部 副部長
大手SIerを経て、2011年にグリー株式会社に入社。
入社後は数々のタイトルに従事。サーバエンジニア。

サーバ費用削減のはなし

我々が費用削減のためにやっていることの紹介と所感を話します。

吉田 貴勝(Yoshinori Yoshida)

グリー株式会社 Wright Flyer Studios事業本部 Technology Development部 Engineeringグループ シニアマネージャー
2013年入社。主にネイティブゲームのタイトルの開発・運用を担当してきた。現在はWFSのサーバエンジニアをまとめており、ネイティブゲームすべてに関わっている。

リリースを支える負荷測定

ゲームをリリースするにあたって実施している負荷測定試験について紹介させていただきます。

藤田 貴大(Takahiro Fujita)

グリー株式会社 Wright Flyer Studios事業本部 Technology Development部 Engineeringグループ リードエンジニア
組み込み開発の会社から2012年にインフラエンジニアとしてグリーに入社。その後、Webゲーム開発、QAエンジニアを経て、WFSのサーバエンジニアを担当。

AIやマイクロサービスを活用したDynamoDB節約術

AWSのDynamoDBにAIやマイクロサービスを入れることで、運用の工数やランニングコストを節約できること。
ゲームのサービスにDynamoDBを使う場合の仕組みの共有。
運用時の問題点とその解決方法。

橋本 順之(Junji Hashimoto)

グリー株式会社 開発本部 インフラストラクチャ部 サービスインストレーショングループ サービスインストレーション 2 チーム シニアエンジニア

WFSにおける認証・課金の共通基盤

WFSアプリに導入されている共通システムについて、その考え方と仕組みについてお話しさせて頂きます。

遠藤 辰弥(Tatsuya Endo)

グリー株式会社 Wright Flyer Studios事業本部 Technology Development部 Core Systemチーム シニアエンジニア
サーバエンジニア。広告システムの部署の後、課金・認証周りの共通APIやライブラリ開発を担当。

イベント情報

イベント名 WFS Tech Talk #2 ーサーバ・バックエンド編ー
主催 グリー株式会社
入場料 無料
開催日時 2020.01.14(火)19:30〜
開催場所 グリー株式会社
(東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー)
アクセス 東京メトロ日比谷線 六本木駅コンコースにて直結
都営地下鉄大江戸線 六本木駅出口3 徒歩6分
都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅出口7 徒歩8分
東京メトロ南北線 麻布十番駅出口4 徒歩11分