GREE Engineering

成長し続けるメンタリティが全社に浸透。スピード感溢れる対応力で成長の波を支えています。

WEBエンジニアマネージャー

永井 正明

GREE Platform部 / プラットフォーム開発グループ

GREE Platform部の副部長としてエンジニアのマネージメントを中心に業務を行なっております。GREE Platform部では、ソーシャルゲームプラットフォーム「GREE」の基盤システム、キャンペーンサイト、ポータルサイトなどの機能設計・開発・運用など、バックエンド、フロントエンド、インフラに至るまで全般的な開発を行なっています。新機能開発など、エンジニアは、企画の早い段階から参画し、プランナーと共に業務を行います。エンジニア視点での、整合性や実現可能性などを考慮し、サービス内容を一緒に考え物作りをしていきます。言われたものを作るのではなく、自ら提案してより良い物を作る文化なので、自身の領域をいくらでも広げられる環境になっています。
マネージメント業務としては、各メンバーの特性に合わせ、業務アサインを行っています。コミュニケーション能力と技術への理解が不可欠なので、それぞれの得手・不得手を見極めつつ、会話や信頼関係を大切にしながら、日々たくさんのエンジニアとコミュニケーションを図っています。

仕事のやりがいは、この規模のシステムを開発・運用できる点です。「GREE」のサービスは、10年以上続いており、日々機能拡張を続けています。規模が大きい為、「GREE」プラットフォームの全てを知っている人は現在おりません。新機能を追加するなど、何をするのも既存環境に影響がある為、関連仕様やコードを調べたりと、謎解き的なことをやりながら課題を解決していくことに楽しさを感じますし、その過程でナレッジも学ぶことができます。

永井 正明

私はグリーの成長が凄まじい時期に入社しました。急速な規模拡大をしていた頃だったので、社内ルールが未整備で、慣れるまでは正直大変でした(笑)。私が入社した頃は、急激に膨れ上がるサービスの拡張速度に対応しきれず、緊急対応を強いられたことがよくあり、本当に大変でした。ですが、その都度、対応力とルール改訂を行い、成長し続けるスピード感がすごく、社員の能力の高さに驚きました。これまでのルールを変えるとなると反対が多くて進まないことが多々あると思いますが、グリーでは必要性を感じれば「すぐやろう!」と、慣れ親しんだものを捨てる勇気がすごくあります。グリーのValueである「ロジカルxクリエイティブxスピード」が全社的に浸透しています。
今後は、肥大化したシステムを整理し、クラウド化など新たな挑戦をしつつ、Webゲームを製作するJapan Game事業本部の再成長をシステム面や組織面でより支援しやすい体制にしていきます。とても優秀なメンバーと共に、GREE Platform部も自分自身も成長し続けていきます。

OTHER MEMBERS